ねこ大量虐殺事件 不凍液の男の家族



 

男は慌ただしくネカフェを後にして自宅に向かう。

普段は最寄り駅から徒歩で20分ちょっと歩くが、今日はバスに乗る。

10年ほど前に買った建売。その開発エリア外でねこに毒餌を播いていた。

 

 

 

 

 

急いで家に入る。リビングに行き何事もないフリをしながら子どもに声をかける。

「シーザーの散歩は済んだのか?」

「うん。もう行ったよ。」DSから目を離さずに返事する。

「シーザーは?」

「家にいるよ。あれ?シーザー?」

「ママは?」

「いるよー。なんで今日はいちいち気にしてんの?」

 

とりあえず手を洗いに洗面所に行くと妻と犬がいた。

「シーザー、泡吹いてる!!!吐いてる。病院連れてく。」

意外と冷静な自分がいるのに驚いていた。原因が分かっているせいかもしれない。病院は閉まっている時間なので夜間救急に連れていく。不凍液なら助からないだろう。だが行っても無駄とは言えない。

自分が狙われているのか・・・。犬よりも自分の身を案じた。

どうなるのか。次は子どもが狙われるのか。妻か?

スマホが鳴った。Twitterの通知だ。こっそり開く

『余裕だなあ。狙われてるのはお前だろ?檻に入るんじゃないか?』

 

だいたいどうやって檻に入る人間が決まるんだろうか?

今、2人目のはずだ。もっと見たいんだが・・・人間がどんなふうに苦しむのか好奇心をかきたてられるのにどうせ死ぬ犬連れて病院に行かなければいけない・・・。つまらん。

スポンサーリンク

『今、気づいた?檻に入ってる人間が次の人間を決めるんだよ。今、大矢にやられてる男は誰を思い浮かべたと思う?』

やばい・・・・血の気がひいた。どこか他人ごとだと思っていた。

家や家族を特定されて、犬を殺されてもまだ現実味が無かったが、初めて自分に残された時間に気づいた。

できるだけ遠くへ逃げたらどうにかなるか?

子どもにも声をかけ、外出の支度をさせる。犬を病院に連れていくという名目で妻と子どもを車に乗せてできるだけ遠くに行こう。

犬はまた買えばいい。

青ざめている妻と子どもを車に乗せて家を後にした。

信号で止まるのももどかしい。

高速入り口で進路を変えた。

「どこ行くの?病院は?」

自分が運転しているうちは現実に留まっていられる気がした。

自分がいなくなったら車はどうなる?ずっと走り続けていたら時間を稼げる。

 

 

・・・訳が無かった

車は横転し、大破。他の車も巻き込んだ事故になって妻と子どもは半身不随となった。男の姿は無かった。Nシステムにも男は写っていなかった。

警察は妻が運転している際の事故として処理した。

<a href=”//blog.with2.net/link/?1937058″><img src=”https://blog.with2.net/img/banner/m11/br_banner_takibi.gif” title=”人気ブログランキング”></a><br><a href=”//blog.with2.net/link/?1937058″ style=”font-size: 0.8em;”>人気ブログランキング</a>

 

 

 


Translate »